葬式という儀式の意義を考えましょう

葬儀という儀式は時代と共に変わってきています。
その時代を反映するものとも言えるでしょう。
時代の流れや経済的背景に合わせて変化するのは当然でしょう。
以前には思いもよらなかった家族葬や一日葬が、当然のように行われています。
特に都会では身内中心の葬儀である家族葬が受け入れられています。
宗教観も変わり、その時代に合致した宗教観になってきます。
個人や家庭で各々別の葬式や宗教観があります。
地域差もあります。
地域ごとに守り続けられた慣習も変わっています。
その地域から離れて、新しい地域に移っても、以前ほど慣習が変わっていて驚くということもありません。
地方という大きな地域、近所という小さい地域、親族だけ、家族だけへと、少しずつ昔からの風習や価値観が変化しています。
しかし葬式は行われます。
全ての関係者で盛大に送る一般葬から家族葬へと変わっても、この儀式自体が無くなることはないでしょう。
様式が変わっても葬儀という故人とのお別れの場が必要であることは変わらないでしょう。
故人のことを偲びことの意義を考えたり、生と死を考えることは人類の永遠の営みです。

大阪 風俗 求人

デートクラブ
会員制高級クラブ・青山プラチナ倶楽部のサイトはこちらです

岡山 風俗求人

大阪 風俗

豊田 デリヘル

最新投稿